歯科医師の紹介

三鷹ハートフル小児歯科医院の想い

「痛みの少ない・削らない・抜かない」予防重視の歯科治療。
『全ては、患者さんの笑顔のために』という医院理念を掲げ東京都三鷹市、武蔵野市に4医院(ハートフル歯科(南口)、ハートフルデンタルクリニック(北口)、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院)のハートフル総合歯科グループがあります。また、むし歯・歯周病の予防を通じて、お口の健康を守り、そして患者さんお一人おひとりが、人生を楽しく豊かに生きていただけるよう、今後も心を込めて地域の皆さんと向き合っていきたいと思っております。
お子さんの誕生日月にはハートフル総合歯科グループの三鷹ハートフル矯正歯科医院にて矯正認定医のミナ先生による歯並びのチェックをさせていただいています。
お口の機能を向上させ、良い顔立ちのこどもを歯育ての目標にしていきます。
三鷹・武蔵野から、むし歯予防の最新情報を日本中に発信し、日本中のこどもたちのむし歯をなくしたい。

ハートフル総合歯科グループのお子さんの歯育てとは?

ハートフル矯正・小児歯科クリニックへの想い

ハートフル総合歯科グループの矯正認定医のミナ先生流

歯並び予防法、小児矯正とは歯並び予防法、小児矯正とは

三鷹・武蔵野から、むし歯予防の最新情報を日本中に発信し、日本中のこどもたちのむし歯をなくしたい。
歯並び予防を中心に、お口の機能を向上させ、良い顔立ちのこどもと素敵な笑顔いっぱいなこどもたちをもっと増やしていきたい。そんな、「歯育て」を目標にしています。

(歯育て本が、出版されています。詳細は、こちらをご覧ください。)

ハートフルのこどもの歯並び矯正法とは、「取り外しで虫歯になりにくい、痛みの少ない、歯を抜かない」ことを目標とした、 こどもの矯正治療法です。

100点でなくて良い、本格矯正をせずに80点で十分な「かみ合わせ」と「歯並び」を目指しています。
ヨーロッパ(主にドイツ)式のマウスピース型矯正装置を中心に一年間で治療します。側方の乳歯が残っていても、永久歯が生えるスペースができていれば十分です。
80点を目指します。痛みが少なく、外せます。歯ブラシもきちんとできます。
むし歯になりにくいマウスピース型矯正装置は、つけたままおしゃべりもできます。
矯正相談していただくのは、おとなの歯が1本でも生えはじめた6才頃がベストです。
(相談だけなら費用はかかりません。まずは相談してください。)
治療開始時期は、お子さんの成長の度合いによって変わります。専門家のアドバイスを一度聞いてみるのが良いと思います。
マウスピース型の矯正装置は、帰宅してから、ゲームやテレビを見ている間、寝るときに使うだけで、歯並びを良くなります。
わが子のために出来るだけのことをしてやりたいと思うのが、親心です。
古代に比べて、現代社会は、噛む回数が6分の1に減ったと言われています。
そこで、現代のこどもの噛む力をアップさせて、舌と唇の力のアンバランスを整えることが一番大切だと考えています。幼児期の食生活改善=食育をなども歯並び予防として提案をしています。乳歯列のアーチに問題があれば、噛む筋トレ、パナリングの使用もオススメしています。矯正歯科医として、小児歯科医院と連携して、幼児期から歯並び予防を行なっております。
お口ポカンや指しゃぶり、ほお杖などの習慣にも気を配るようにしています。お口を閉じて、鼻呼吸をすることなどが、こどもの歯並びとかみ合わせを良くします。

ハートフルではマウスピース型の矯正装置にこだわっています。
固定式装置では、歯磨きができずにかえって虫歯ができてきてしまうからです。

こども歯並び矯正法の流れ

矯正専門医ミナ先生流一期治療

こどもの矯正、小児矯正、床矯正、混合歯列矯正、予防矯正など様々な言い方があります。
適応年齢は、6才から10才です。乳歯と大人の歯が混在する時期。
できれば、6才でお会いしたい。
9才でもう完全に歯並びがガタガタだった場合は、成長を利用できる残り時間が足りないかもしれない。
ハートフル総合歯科グループでは、身体に優しいヨーロッパ生まれのこども歯並び矯正法を用います。
歯を抜かないで並べるためには、犬歯(八重歯)の生える前の9才までになんとか前歯をきれいに並べ、10才までに犬歯の生えるスペースをつくることが目標です。
10才までの非抜歯コンセプト』といいます。

矯正専門医ミナ先生流二期治療

おとなの矯正、永久歯列矯正、歯にギラギラした装置をつける本格矯正、ワイヤー矯正、などとも言います。
適用年齢は、11才以降、大人の歯に生え変わった方。
ハートフル総合歯科グループでは、アメリカ生まれのマウスピース型矯正装置(インビザライン)を用います。10日~14日間で使い捨てしていくマウスピース型矯正です。
透明で見えにくいので、ギラギラしているワイヤー矯正より精神的にも優しい矯正法です。痛みも少ない身体に優しいマウスピース型矯正です。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、半年から二年間治療します。

2019年になり、インビザラインファーストという小学校低学年から使える、カスタムメイド型マウスピース型矯正も始まりました。歯の生え変わりも予想しながら、歯並びを治療していきます。この装置も1期、2期に別れていて、ファーストのあと、仕上げとして希望があれば大人の矯正に移行していくこどもたちがいます。
従来のマウスピース型矯正と違って、3次元的な歯の位置のコントロールが可能になります。

ミナ先生が世界を回り勉強した結果、取り外し可能な身体に優しいマウスピース型矯正法が、むし歯にならない理想的な方法で今では、確信しています。

最後に、「木を見て森を見ず」
歯だけを治すわけではありません。私達矯正歯科医師は、歯並びはもとより、良い顔立ち、発音、嚥下、呼吸を整え生きるために必要な機能を向上させます。
歯のまわりの舌と唇の力のバランスを整えることや鼻呼吸、顎の位置なども考えて身体全体を見て治療することが大切だと考えています。
それによって、矯正治療後の後戻りも防ぎます。
矯正治療は、むし歯・歯周病の予防を通じて、お口の健康を守り、そして患者さんお一人おひとりが、人生を楽しく豊かに生きていただけるよう、今後も心を込めて地域の皆さんと向き合っていきたいと思っております。長く安定したかみ合わせを維持するためにも、口腔機能の向上をさせることが必要となります。

むし歯・歯周病の予防を通じて、お口の健康を守り、そして患者さんお一人おひとりが、人生を楽しく豊かに生きていただけるよう、今後も心を込めて地域の皆さんと向き合っていきたいと思っております。

今の歯並びでお悩みがあったり、将来のお子様の歯並びに不安があるようであれば、是非一度お越しください。矯正専門歯科医師が相談いたします。

三鷹・武蔵野のこども達を笑顔いっぱいにしていきたいです。
皆さんのこどもたちの笑顔が私たちのエネルギーです。
今後ともよろしくお願いします。

三鷹ハートフル矯正歯科医院
下田ミナ

三鷹ハートフル小児歯科医院
歯科医師 井上 貴史

歯科医師 井上 貴史

専門分野 予防治療、小児歯科
趣味 料理、息子と一緒に遊ぶこと
経歴 2006年(平成18年)鶴見大学歯学部卒業
2006年(平成18年)千葉中央メディカルセンターにて研修医
2007年(平成19年)国分寺の歯科医院勤務
2012年(平成24年)ハートフル総合歯科グループ入社
星座・血液型 やぎ座・B型
目標 質の高い医療をしていくこと。