オールセラミックの破折後の対応について

オールセラミックの破折後の対応について

ハートフル歯科では、セラミックはVITA社のMARKⅡを主に使用しております。

しかし、セラミックは、歯ぎしりや食いしばりのある方において、プロトコールを守ってしっかり接着しても破折する事があります。その場合は、根っこが割れていない事が多く、「根っこが割れずに良かったですね。」というようになっています。

セラミックが割れずに根っこが割れるよりも、セラミックの方が割れて欲しいと考えてます。
守るべきは、セラミックではなく歯質なのです。

もしセラミックが割れた場合には、破折強度の高いe-maxや、e-maxも割れてしまう方には、ジルコニアなどを提案しております。

破折強度が、

歯の素材強度
初期提案は、
MARKⅡ
160MPa
e-max400MPa
ジルコニア1200MPa

と段々と、強度の高いものを順次提案するようにしています。

全て白い歯にはなります。

しかし硬すぎると根っこに噛む力が、直撃してしまいます。

根っこの破折の可能性が高まります。

しっかり、説明をして次の対応策を提案しています。

 

MARKⅡが破折した場合は、メインテナンスにきている方であれば差額(材料費)で1万円(税別)でe-max、e-maxも破折して来た場合には、更に1万円(税別)で次の強度の材料(ジルコニア)の物でやらせてもらっています。(診療代は別途となります。)ジルコニアであれば、破折することは、ないでしょう。白い金属と言われるほど強度が高い物質です。

注意:一度、セラミック(MARKⅡ)が割れた場合は、差額の材料費にて、e-maxなどへ変更させてもらうことを持って、保証とさせて頂いています。