インビザラインへの思い

インビザラインへの思い

2006 年ハートフル歯科医院は、開業した。矯正患者第1号は、僕だった。 従来のワイヤー矯正よりもローフリクション(弱い力で矯正をする。)を売りにしていたデーモンシステ ムで矯正を始めた。「痛くない矯正装置」だと言われた。 患者も少なく、妻の経験値のたしとして、協力した。

「痛くない矯正」良い響きだった。
自分でも矯正治療をやったことがある。患者側は、初めてだった。 でも、痛い。痛い、痛い、痛い。涙が少し出た。ハンバーガーのパンも食べられなかった。 豆腐と麺だけ。
辛かった。
痛み止めの薬を飲んだ。 野菜が装置にからまった。歯ブラシすると色々と出てくる。ホント、嫌だった。唇や頬の肉が擦れる。 不満が募る。 数ヶ月後。日本に上陸したマウススピース矯正として、インビザラインをハートフル歯科でも導入した。 それも第1号患者を受け入れた。やるしかない、必死だった。

また、痛いのかと思った。覚悟した。 もう矯正なんてやめたいと思った。しかし、矯正治療は、始めると上下で噛めなくなる。それはそうだ。 移動中は、上下がしっかり合わさらない。それを乗り越えると噛んでくる。そして、治療が終了する。 理論上そうだ。そう習った。

痛いのは嫌だ。 でも、辞められなかった。

マウスピース装置ができて来た。 インビラインのマウスピースを入れてみた。 少し痛い、でも。涙は、出ない。

ふっと。頭の中が晴れた。

痛くない。
食事が取れる。
痛み止め(薬)は、いらない。

痛み止めと豆腐と、麺生活から解放された。
すごい楽になった。 正直、ワイヤーでも痛みの少ないと言われるデーモンシステムとインビザラインを二つ経験する歯科医 師は、いないと思う。
でも、経験者は、語る。 ワイヤーは、圧倒的に痛い。ワイヤーは、本当に痛い。ぎゅうぎゅう締めてつけて、歯を移動させる。 しかし、インビザラインでは、食事もはさまらない。唇や頬も刷れない。痛くない。 これ以上にない、快適な矯正装置だった。
どんどん治療は、進む。歯並びは、治っていく。
そして矯正治療は、終わった。
もうワイヤーには、戻らないと確信した。
今は、しっかり噛めて、歯並びにも自信を持っている。

患者さんにも歯を見せられるようになった。

現在のインビザラインは、素材が進化して、スマートトラックになった。非抜歯コンセプトも固まった。 ライトによる移動の加速化も可能となった。治療計画もアウトカムシュミレーターで、術後の状態も説 明が受けられるようになった。
僕が受けたインビザラインよりも 10 年以上経過して、進化の状況は、著しい。 デジタル化の恩恵を受けて、CAD/CAM が導入さて、カメラも3世代目に入り、精度は、向上した。む し歯検知機能も入った。

歯並びを直しながら、デジタルむし歯検診が同時に可能になった。

インビザラインは、CAD/CAM 治療になり、非抜歯コンセプトに包括されている。 小児矯正にも適用が広がった。

「ものつくり補助金」にも採択され、ハートフル歯科の長年のノウハウを生かした、ハートフル・イン ビザラインとして、革新性の高い医療であると行政からお墨付きをもらった。 インビザラインこそ、未来型の矯正だと今は、確信している。
今後、AI が入り、さらに加速度的に進歩していくことだろう。

未来の矯正治療としてハートフル総合歯科グループとしては、遅れないように追尾していきたい。 アメリカで一番進んでいくであろう、インビザライン。 全てを捕捉して、常に最新治療を提供していきます。

全ては、歯並びで憂鬱になっている方へ 未来への扉を一緒に開いていきましょう。

下田孝義