他の治療との比較

ブリッジの場合

ブリッジの場合
デメリット・両隣の健康な歯を削らなければなりません。
・削られた歯はエナメル質を失うため、むし歯になりやすくなります。
・削られた歯には抜けた歯の分まで負担がかかります。
・ブリッジの下になる部分は歯磨きができないので、むし歯・歯周病のリスクが非常に高くなります。
メリット・健康な歯を削ることがなく、ご自分の歯を大切に守ります。
・しっかり噛めるので、食生活が回復します。
・インプラントにより見た目の回復がはかれます。

最悪のケース!歯を抜けたまま放置したら…

最悪のケース!歯を抜けたまま放置したら…
  • 抜けた歯に噛みあうはずの歯が伸びてきてしまい、噛み合わせが悪くなってしまいます。
  • 抜けた歯の隙間に両隣の歯が倒れてきます。倒れてきた歯とそれに隣り合う歯との間の隙間が広がっていき、食べかす等が入り込みやすくなることで、むし歯・歯周病のリスク非常に高くなります。

※歯の病気は風邪などと違い、放っておいても決して治りません。
歯のトラブルがあったときは、なるべく早く病院に行きましょう。

部分入れ歯の場合

部分入れ歯の場合
デメリット・金属製のバネを歯に掛けるため、痛みや違和感が生じやすいほか、バネを掛ける歯にも負担がかかります。
・掃除がしにくく、むし歯や歯周病になりやすくなります。
・金属製のバネが表に見えてしまい、見栄えが良いとはいえません。
・固いものやねばっこいものが食べにくくなります。
メリット・他の歯を支えにしないので、周りの歯に負担を掛けません。
・バネがないので、お口の中に違和感がなく、見栄えも良くなり、お掃除もラクになります。
・ご自分の歯と同じような感覚で噛めるため、お食事に支障がありません。